建設・建築
2017.05.18

初心者向けドローンおすすめ14選!カメラ付きの空撮可、入門機などの価格や特徴

ドローン初心者は、どのドローンを選べば良いか迷ってしまいますよね。今回は、種類豊富なドローンの中から …

ドローン初心者は、どのドローンを選べば良いか迷ってしまいますよね。今回は、種類豊富なドローンの中から、どんな要素を比較して選ぶと良いか、初心者向けでおすすめな入門ドローンにはどのようなものがあるかなどについてご紹介していきます。

ドローンって?初心者におすすめドローンの価格や規制、最新ドローンなど

初心者のドローンの選び方

まず、ドローンを選ぶ際に比較するべきポイントをご紹介します。初心者の方がどのようなドローンを選ぶのがおすすめか解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドローンを飛ばす人

価格

価格は、ドローンを比較する際に重要視するポイントの一つですよね。価格帯は、性能によって幅があり、5,000円台〜数百万円のものまであります。高額なドローンはハイスペックで、様々な機能が付いているので魅力的なのですが、初心者の方はまず低価格帯(5,000円〜1万円くらい)のものを選ぶと良いかもしれません。最初から高価なものを購入しても、操作ミスで壊してしまうこともあり得るので、初めてのドローンは安いものにして、操作を練習することをおすすめします。

機体の重量

ドローンには、小型から大型まで様々な大きさのものがあります。用途や目的に応じて、持ち歩きやすい小型ドローンが良いのか、多少持ち歩きづらくても大型ドローンが良いのか考えましょう。また、機体重量が200g未満であれば法規制の対象外となり、申請などの手続きをすることなく飛行させることができるので、200gのボーダーラインも気にかけてみましょう。

性能

目的に応じて、カメラ付きが良いのか、画質はどれくらいのものが良いのか、飛行時間はどれくらいのものが良いかなど、比較して必要な性能を備えたドローンを選びます。

カメラ

空撮や自撮りを楽しみたい場合、カメラの性能は大切です。解像度や動画撮影ができるか、顔認識機能があるかなど、カメラの性能もチェックしてみましょう。

FPV

FPV(First Person View:一人称視点)とは、コクピットにいるパイロットの視点(でラジコンを操作する)という意味になります。

撮影した映像をスマホなどでリアルタイムで見ることができるので、空撮や操縦をより一層楽しめます。空撮を楽しみたい場合には、FPVかどうかもチェックしてみると良いかもしれません。

飛行時間・距離

バッテリーの容量に応じて飛行時間が異なり、6〜30分まで開きがあります。ドローン購入の際には、バッテリー容量と本数を考慮しましょう。バッテリーを追加購入できる商品もあります。

また、飛行距離にも違いがあり、20m〜2kmほどまで開きがあります。飛行時間・距離が適切なものを選びましょう。比較的低価格帯のドローンは、飛行時間4〜6分ほどものが多いです。
※飛行時間や飛行距離は、ドローンの機体重量や使用状況、飛行条件などによっても異なります。

チルトモード

チルトモード(Tilt mode)とは、スマートフォンを傾けるだけで操縦できる機能です。直感的な操作ができるので、初心者にはあると便利な機能でしょう。

自動帰還機能

自動帰還機能とは、ボタンを押すだけで自動的にドローンが戻ってくる機能で、「ワンキーリターン機能」などとも呼ばれます。ボタン一つでドローンが戻ってくるので、操作に慣れないうちは付いていると安心な機能です。

初心者用おすすめドローン14選

1,890円〜35,000円の価格帯で、初心者におすすめのドローンをご紹介します。

Galaxy visitor 6

【特徴】FPV/カメラ付き/LEDライト付き
【解像度】1280×720
【機体重量】122g
【価格】35,000円

Wi-FiのFPV通信範囲(画像の送受信ができる範囲)が100mととても広いのが特徴です。撮影データはマイクロSDカードに保存されるので、パソコンで動画を見たり、写真を印刷したりすることも可能。着陸用アームの先端には、衝撃吸収用のシリコンラバーが付いているので、墜落してしまった場合にも機体の破損を防いでくれます。飛行時間は、5〜7分程度です。

Galaxy visitor 6はこちら!

PXY Wi-Fi(ピクシイワイファイ)

【特徴】超小型ドローン/FPV/カメラ付き/チルトモード◯/室内専用
【機体重量】17g
【価格】11,880円

全長42mmの小型のFPVドローンです。チルトモードが搭載されているので、傾けるだけの感覚的な操作ができます。スマートフォンをコントローラーにすることも可能。比較的安く手に入るドローンなので、初心者にもおすすめです。

PXY Wi-Fiはこちら!

【Estes】 ProtoX(プロトエックス)

【特徴】超小型ドローン/カメラ付き/LEDライト付き
【機体重量】11.5g
【価格】5,658円

Estes社の世界最小ナノドローン。LEDライト付きなので、夜間飛行でも機体の位置がわかって安心です。飛行時間はおよそ4〜5分。カラー展開も全6色と豊富にあり、コントローラーに単4電池を入れて、USBケーブルで、本体を充電するだけで、すぐに使用できて、手軽にナノドローンを飛ばしてみたいという方たちの間で人気の商品となっています。

【Estes】 ProtoX(プロトエックス)はこちら!

【G FORCE】 COCOON GB370

【特徴】小型ドローン/FPV/チルトモード◯/気圧センサー
【機体重量】55.5g
【価格】14,904円

アプリをダウンロードして、フライト映像を見ながら飛ばすことができます。チルトモードが搭載されているので、スマートフォンを傾けるだけで操作できるのも初心者におすすめなポイント。また、気圧センサー(機体周辺の気圧を検知して高度を一定に保つ機能)が搭載されているので、飛行が安定します。飛行時間はおよそ4〜5分です。

COCOON GB370はこちら!

FQ777 Pocket drone

【特徴】超小型ドローン/ワンキーリターン機能◯/LEDライト付き
【価格】1,890円

初級モードと中級モードの2種類があり、スピードの調節が可能。充電時間は20分、飛行時間は4〜5分ほどです。LEDライトが付いているので、夜間飛行もできます。

FQ777 Pocket droneはこちら!

Holy Stone ミニドローン HS190W

【特徴】小型ドローン/FPV/スマホ操作◯/ワンキーリターン機能◯
【機体重量】21g
【価格】8,880円

折りたためる小型ドローン。スマートフォンで操縦でき、ボタン一つで機体が戻って来るワンキーリターン機能も付いているので、初心者にもおすすめです。

【Parrot】 minidrones Rolling Spider(パロット ミニドローンズ ローリングスパイダー)

【特徴】小型ドローン/スマホ操作◯
【機体重量】65g
【価格】14,300円

機体の両サイドに大きなホイールが付いており、床や壁、天井を転がるのが最大の特徴で、まるでスパイダー(蜘蛛)のように見えます。離着陸やホバリングは自動的にでき、スマートフォンやタブレットで簡単に操作できるのも初心者には嬉しいところ。

minidrones Rolling Spider(パロット ミニドローンズ ローリングスパイダー)はこちら!

【Parrot】 Mambo PF727071

【特徴】小型ドローン/カメラ付き/気圧センサー
【機体重量】63g
【価格】16,200円

超音波センサーと圧力センサーが搭載されているので、初心者でも安定した飛行ができ、撮影する映像も安定します。写真撮影の他に、ボールを発射したり、モノを掴んだりする機能も搭載しているので、写真撮影以外の機能も楽しみたい方にはおすすめです。

【童友社】 Sky-shot(スカイショット)

【特徴】カメラ付き
【解像度】約30万画素
【機体重量】16g
【価格】8,424円

動画や写真を撮影できるカメラ内蔵の小型ドローン。室内でも使用でき、プロペラガード付きなので初心者でも安心です。スピードは3段階で調節でき、空中回転も可能。充電時間は40分で、飛行時間は4〜5分です。

SKEYE Pico

【特徴】超小型ドローン/LEDライト付き
【機体重量】7g
【価格】5,645円

TRNDlabs社が開発した世界最小ドローン。飛行時間は7〜8分で、専用のミニコントローラーで操縦します。LEDライトが付いているので、夜間飛行でも機体の位置がわかって安心です。

【G FORCE】 Hubsan NANO Q4 CAM PLUS

【特徴】超小型ドローン/カメラ付き
【機体重量】20g
【価格】8,500円

GFORCE(ジーフォース)社の超小型ドローンです。オリエンテーションモード(機体の向きに囚われず、操縦者から見た方向に機体が動く機能)で簡単に操作ができるので、初心者には特におすすめ。

カメラが搭載されており、付属品として4GBのマイクロSDカードが付いているので、すぐに撮影が楽しめるのも嬉しいところ。充電時間は30分、飛行時間は5分ほどです。

【G FORCE】 Hubsan NANO Q4 CAM PLUSはこちら!

Hubsan H501S X4 Drone

【特徴】FPV/GPS/ワンキーリターン機能◯
【価格】28,800円

GPS搭載で、ドローンの位置を把握でき、飛行時間が20分間と比較的長いのが特徴。ドローンの着陸は、ボタンを押すだけでできる自動帰還機能が付いているのも初心者におすすめなポイント。

Hubsan H501S X4 Droneはこちら!

【Parrot】 Mambo PF727071

【特徴】小型ドローン/カメラ付き
【解像度】30万画素
【機体重量】63g
【価格】16,200円

室内でも飛ばすことができ、ドローンの操作が苦手な人が操作テクニックを習得できるように作られているので、初心者には特におすすめ。写真撮影の他に、ボールを発射したり、物を掴んだりすることもできるドローンです。

【ヨコヤマコーポレーション】 TEAD 6-Axis

【特徴】超小型ドローン/カメラ付き
【解像度】約200万画素
【機体重量】61g
【価格】6,780円

TEAD 6-Axisは、室内でも楽しめる超小型ドローンです。飛行時間は約8分、飛行距離は約70mです。調整可能なカメラが搭載されており、動画や写真の撮影ができます(撮影には別途4〜32GBのマイクロSDカードが必要)。ボタン一つで、360度フリップ(宙返り)をさせることも可能で、操作が簡単なのが嬉しいところです。

TEAD 6-Axisはこちら!

【Syma】 X5c

【特徴】小型ドローン/カメラ付き
【価格】8,250円

中国のSyma社のドローンです。約100分の充電で、飛行時間は約7分。搭載されたHDカメラによる動画や写真の撮影が楽しめます。比較的安い値段のドローンなので、入門機としてもおすすめです。

【Syma】 X5cはこちら!

【CCP】 ラジオコントロール リアルライブテトラル

【特徴】超小型ドローン/カメラ付き/FPV/屋内用/気圧センサー
【解像度】写真(JPEG:41万画素/HD:720×576) 動画(AVI:41万画素/HD:720×576)
【機体重量】422g
【価格】12,960円

幅約6cm、高さ約3cmのサイズの屋内用ドローンです。機体に搭載されたカメラからの映像をスマホで見ながら操縦できます。別売りのスマホ用VRゴーグルがあれば、まさに自分が飛んでいるかのような感覚を楽しめます。充電時間は約45分、連続飛行時間は約3分です。

【CCP】 ラジオコントロール リアルライブテトラルはこちら!

初心者の入門ドローンは小型で安いものがおすすめ

空中を飛行するドローン
初心者のドローン選びのポイントは、以下の二つです。

  • 室内で練習できる小型サイズのドローン
  • 比較的低価格帯のドローン

初心者は、操作の練習が必要なので、室内でも飛ばすことができる小型サイズがおすすめです。また、最初から高価なドローンを購入しても壊してしまうリスクがあるので、入門機は比較的安いものを選ぶと良いでしょう。目的や用途に合わせて、ご自身にとって最適なドローンを選んでみてくださいね。