リフォーム
2018.06.08

フローリングとは。種類や選び方などをご紹介!

掃除が楽なことで人気となっている床材が、フローリングです。ダニやノミが繁殖しにくい、家具を置いても床 …

掃除が楽なことで人気となっている床材が、フローリングです。ダニやノミが繁殖しにくい、家具を置いても床に跡がつきにくいなどのメリットもあります。そんなフローリングの特徴のひとつとなっているのが、素材の多さです。素材ごとに特徴が異なり、部屋の見え方も変わってきます。そんなフローリングの種類について簡単に説明します。

フローリングとは

フローリングとは、木質系の素材で作られた床のことです。リフォームの際の張り替えは、工務店などに頼む以外に個人で行うことも可能です。diyという方法を選べば、激安で理想のフローリングに変えることができます。

サイズについて

部屋の面積をしっかりと測って床材を購入しても、実際に敷き詰めていくとサイズが合わなくなることがあります。少しでも綺麗に張り替えを行うためには、大きめの板材を購入しておく方法が有効です。板材を並べて状態を確認しながら、サイズを微調整していくことで綺麗なフローリングに仕上げることができます。

フローリングの種類

フローリングは板の状態によって、価格や特徴が異なります。

無垢フローリング

天然木から切り出した一枚板を加工して作られた床材が、無垢フローリングです。1つの素材のみでできているため、単層フローリングというという名前でも知られています。

価格

フローリング素材の中でも、天然木から作り出される床板の価格はやや高めとなります。ただ、驚くほど高額の床板ばかりではありません。国産の杉や檜にこだわると費用は高額となりますが、手頃な価格の素材を選べば意外と安く施工可能です。

メリット

無垢フローリングのメリットは天然木の持つ美しい木目や風合いを楽しめること、冷たさを感じにくいことです。そして、無垢素材には湿度調整ができるという特徴もあります。湿度が高くなれば適度に湿気を吸い、部屋の空気が乾燥をすれば水分を吐き出すことで潤いを与えてくれます。そのため、湿度に悩まされず快適に生活をしたい人に最適な素材です。更に、床材に傷がついても表面を削り取るだけで綺麗な状態に戻せるというメリットもあります。

デメリット

天然木から切り出した床板というのは、時間と共に反りやきしみが生まれるため定期的なメンテナンスが必要です。同じ木であっても切り出す場所によって木目は異なるので、模様の統一感が出ないこともあります。更に素材によっては、水分に対する弱さがデメリットとなります。

複合フローリング

複合フローリングとは、薄い板を何枚も重ねて作られた床材です。一番上の面に木目を印刷したシートを貼り付けたものと、薄く削いだ木材を貼り付けたものがあります。

価格

無垢フローリングに比べると、価格は安くなります。素材によって極端に高くなることも少なく、安くリフォームをしたい人には最適です。

メリット

木目を印刷しているものであれば統一感のある綺麗な床に、無垢材を貼ったものであれば自然の風合いがある床に仕上がります。見た目が綺麗なだけでなく、反りやきしみが起きにくく掃除も簡単です。diy初心者でも扱いやすく、初めて張り替え作業を行う人でも綺麗に仕上げることができる可能性が高いというメリットもあります。

デメリット

天然木と比べると人工的な感じが強く、自然な風合いは少なくなります。そしてもうひとつのデメリットは、表面を削ることができないため大きな傷をつけると補修に手間がかかることです。

ラミネートフローリング

表面材にメラミン樹脂のプリントを使うことで、美しい風合いと耐久性の高さを実現した床材がラミネートフローリングです。板材の横に溝がついており、はめ込むだけで隣の板との固定ができるようになっています。そのため、接着剤や釘を使わなくても良い床材としても知られています。

価格

複合フローリングの一種となるため、価格はそれ程高くありません。施工も簡単なので、diyを行いたい人にも最適です。

メリット

ラミネートフローリングのメリットは、耐久性の高さです。普通に生活をしている程度であれば、床に傷がつく心配は殆どありません。カビなどが発生することも少なく、安心して生活をしたい人に最適です。そして、もうひとつ大きなメリットがワックスがけが不要なことです。目立つ汚れがついても、拭き掃除をするだけで綺麗な状態に戻すことができます。

デメリット

デメリットとなるのは、木の風合いに欠けることです。美しい木目をプリントしていますが、天然木のような美しさはありません。

ウッドデッキ

ウッドデッキとは木製のテラスのことで、使われる素材に決まりはありません。天然木を切り出した木材が使われることもあれば、樹脂などを混ぜて作られた特殊加工木材によって作られることもあります。基礎部分を作れる人であれば、diyで作ることも可能です。

価格

ウッドデッキの価格は、使う木材によって異なります。檜などの天然木を選べば価格は高くなりますが、素材にこだわらないのであれば手頃な価格で作ることが可能です。

メリット

ウッドデッキのメリットはくつろぎのスペースとしては勿論、ちょっとしたパーティーなどアイデア次第で様々な用途に使えることです。特殊加工木材を使って作ったウッドデッキであれば、腐食などの心配もありません。

デメリット

天然木の場合は、シロアリや腐食被害が起きる可能性があるので注意が必要です。更に、木材の種類によっては時間と共に反りやキシミが生まれることもあります。

敷くだけのフローリング

板を組み合わせるもの以外に、敷くだけで良いフローリングもあります。敷くだけのタイプであれば、誰でも簡単に部屋のリフォームが可能です。

フローリングシート

フローリングシートとは、木目などをプリントしたシートのことで床に貼り付けて使います。

価格

複合フローリングに比べると、シート自体の価格は高くなることが殆どです。ただ、一般的なフローリングは施工に手間がかかるのに対し、フローリングシートは既存の床の上に貼るだけで施工が完了します。そのため、施工の手間や時間、工賃まで考えるとフローリングシートの方がお得です。

メリット

部屋の大きさに合わせてシートをカットして貼るだけなので、気軽にリフォームが可能です。シートは、ハサミやカッターで簡単に切れるようになっているので、女性でも手軽にリフォームができます。更に、床板を剥がしたりする手間がないため短時間で作業が完了するというメリットもあります。そして、もうひとつ大きな特徴となるのが機能性の高さです。クッション性が高く転んだ時の衝撃を和らげるものや、遮音効果のあるものなど付加価値の高さもフローリングシートの魅力の一つとなっています。更に、表面は塩ビ系のビニール素材になっているため、掃除も簡単です。

デメリット

デメリットは、手触りや見た目が天然木と全く異なることです。ボンドを使って固定するため、必要なくなった時には剥がす手間がかかります。

フローリングマット(フローリングカーペット)

フローリングマットは、床に貼るのではなく敷き詰めるだけで使うことができるカーペットです。木目調のウッドカーペットも、フローリングマットのひとつです。

価格

価格は素材などによっても異なりますが、フローリングシートよりも高いものが多くなっています。ただ、敷くだけで良いのでフローリング張替え費用を節約したい時には最適です。

メリット

ボンドなどで固定をしなくても、気軽に使うことができます。必要ない時には、丸めて収納をしておくことも可能です。敷くだけで良い上、見た目もフローリングに近いので、畳の部屋を手軽に洋室に変えたい時にも最適です。素材はカーペットによって異なりますが、木を活かして作られたものであれば、一般的なフローリングと変わらないような見た目と手触りに仕上がります。部屋全面に敷くこともできれば、部分的にフローリングのような空間を作ることもできるため、様々な用途で使うことが可能です。

デメリット

長期間フローリングマットを敷いていると、布団を敷き続けた時と同じようにマットと床の間に湿気が溜まりやすい状態となります。溜まった湿気を放置しているとカビなどが発生し、床やマットが傷む可能性が出てきます。そのため、一度敷いたらそれで終わりではなく、こまめに手入れをすることが大切です。そして、フローリングシートとは違いカットに手間がかかることもデメリットのひとつです。

フローリングの選び方

diyによって安く張り替えをすることも可能なフローリングですが、実際に作業をしようとすると多くの手間と時間がかかります。そのため、リフォームによって張り替えをする時には、本当に満足することができる床材を選んでおくことが大切です。

種類から探す

床材選びでまず大切になることは、素材と付加価値の確認です。複合フローリングの場合は、色合いや厚みの違いなどが中心となります。それに対して無垢フローリングというのは、素材によって値段や特徴は様々です。素材の特徴や、床材の付加価値は今後の生活にも影響を与えることになるため、真剣に考えておく必要があります。

素材から探す

無垢フローリングの場合、選ぶ素材によって価格が大きく変わるだけでなく見た目や耐久性なども変わってくることになります。安くても丈夫な素材もあるため、特徴に関する比較検討も必要です。

オーク

木目が美しいだけでなく、耐久性の高さでも知られる素材がオーク材です。価格もそれ程高くありません。

チーク

価格は高くなりますが、硬くしっかりとした素材です。チーク材は色がやや濃い目のため、落ち着きのある部屋に仕上げたい時などに向いています。

バーチ

木目はあまり目立たず、見た目はとてもシンプルなためモダンな空間を作りたい時に向いています。色合いは、暖かみのある褐色です。

ウォルナット

高級素材の一つで、硬さと黒っぽい色合いが特徴です。長く使い続ける程、味わいが出てくる素材としても知られています。

メープル

自然な光沢が美しく、部屋全体を明るく見せたい時に最適な素材として知られているのがメープルです。見た目が美しいだけでなく、割れにくいという特徴があります。

サペリ

ストライプ模様の木目と赤褐色が美しい素材が、サペリです。サペリを床板に使うと、高級感のある雰囲気に仕上がります。

パイン

パイン材は、安さが特徴の素材です。節が多く見た目は少し個性的ですが、木のぬくもりを感じることができる素材として人気になっています。

ラバーウッド

柔らかい無垢フローリングを作ることができる素材が、ラバーウッドです。白っぽい色が多い素材ですが、着色性に優れているため様々な色合いを楽しむことができます。

機能から探す

天然木や無垢フローリングにこだわらない場合、意識しておきたいのが機能性です。床板の特徴にこだわるだけで、生活のしやすさが大きく変わることは少なくありません。

遮音タイプ

マンションなどの集合住宅で生活をする場合に気になることのひとつが、足音です。元々の床が薄く足音が響きやすい場合や、小さな子供がいる場合は遮音効果のあるフローリングに変えれば生活音に関する悩みが軽減します。

床暖房対応

床暖房がある家の場合は、専用のフローリングを選ぶことが大切です。対応をしていない素材を使うと、床からくる熱で木材が変形してしまう可能性があります。床暖房専用のフローリングは、熱によって発生するダメージを抑えるように作られているので安心して使うことができます。

土足対応

靴を脱いで生活をする場合とは違い、土足での生活は想像以上に床にダメージを与えてしまうものです。一般的なフローリングの床の上を土足で歩くと、すぐに傷だらけになってしまいます。そのため、家の中に土足で入るスペースがある場合は、靴底などによる衝撃に耐えることができる素材を選ぶことが大切です。
フローリングの魅力
フローリングの選び方ひとつで、部屋の雰囲気や暮らしやすさは大きく変わります。リフォームのしやすさは、選ぶ床材の種類などによっても異なりますが、シートタイプのように貼り方さえ覚えておけばいつでも手軽に理想の床に変えることができるものもあります。そのため、床の傷が目立ってきた、遮音性などの付加価値をつけたいという場合はフローリングのリフォームを検討してみることがおすすめです。無垢フローリングであっても、素材の選び方を工夫するだけでフローリング張り替え費用を抑えることができます。